五段への道 4. 短歌(草仮名 散らし書き可)

短歌 北原白秋 行書体
(草書体  草仮名  散らし可)

「風たちてこまかに落つる竹の葉は日の照る方へみなちらふなり」

今回は短歌ということで比較的近代のものなんですよね

草仮名 散らし書きもOKなんですが、古今集みたいに草仮名使いまくるのも
どうなんだろうと思いつつ、とりあえずやってみます。

一応草仮名含めて集字

ペン字 北原白秋

まずは2行で

ペン字 北原白秋

印刷どおり、草仮名も使わず 「みなちらふなり」の処理が難しそう。

次は4行で

ペン字 北原白秋 4行

4行目が平仮名ばかりになるので「ち」を「散」に

最後はできるんだったら草仮名、散らし全部やってみよう

ペン字 北原白秋 散らし

ありゃりゃバランス悪いなあ ここにアップしてみて初めて気づいた。
PC画面でみると客観視できていいねえ。

う〜〜〜〜〜〜〜ん

4行あたりが無難かなあ

前回2行だったんで、もう少し大きな字が書きたいし

散らしは今後やるチャンスなさそうなんで
やりたい気持ちもあるんですけどね

4行のブラッシュアップを基本に、散らしの可能性を伺う感じでいきます。

5月の検定はあと10日ほどしかないんで
勝算低いでしょうから今回は見送ります。
手数料込みで5千円弱は結構痛いですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA