ついでに中国語7~県市村はあって町は無し 場所の単語。

位置と方向の場所詞

法則性があるので、わかりやすいようにす図表でまとめる。

場所の中国語
方向の中国語

後ろにつく接尾辞の声調がややこしい。

辞書に載ってたとおりにしたけど、確信持てない。

下の里面の面は第四声になってるけど、外面の面は軽声。

外面は外側の意味だと軽声で、第四声にすると表面やうわべの意味になるらしい。

位置の中国語

道路施設

地方も場所の意味で使われる時は方が軽声。

方を第一声にすると日本と同じ地方の意味に。

自然環境

海川山の中国語

これは一例、いろんな言い方あり。

商業施設 公共施設

施設 建物の中国語
商店の中国語

商業施設なんかは場所によって地域独特のいろんな言い方がある

屋内施設

建物室内の中国語
部屋の中国語

ロッカーも場所や用途でいろんな呼び名。

部屋 車内の場所

室内の場所の中国語

座は座位の略だろうから、位はあってもなくても同じと思う。

上、里は軽声。

国名

国名の中国語

もうこんなのはクイズだね。

国名の中国語

日本でもそうだけど、同じ施設でもいろんな呼び方があるのは同じ、これだけ書いてもほんの一例。

ついでに中国語6~いつやるの?现在でしょ 時期・時間の単語。

Eテレ「テレビで中国語」の陳淑梅先生によりますと主時場動というらしいですが、文では主語、時期、場所、動詞の順に単語が並ぶという意味。

前回、主語になることが多い人物表現の単語をやりましたので今回は時、年月日時間の単語を書きます。

まず、その前に数字の表現を確認。

ほぼ日本と同じですが、いくつか注意点があります。

中国語 数字

まず2には二種類あるということ。

两は個数を表すイメージ。千が2つある、億が2つある。

亿は億の簡体字、万万も億。万亿は兆だけど、兆も円や米ドルの表記で使われるようです。

零は0、数値の1001は零が一つでいいけど年号では二つ。

年月日

中国語 年と季節の単語
中国語 月と週の単語
中国語 日付けの単語

しあさっては三重県では「ささって」しあさってというと4日後と間違えてしまうので、三重県の人と約束する時は要注意。

中国語 休日の単語

時間

中国語 時間帯の単語

おはようは早上好だけど早上は朝ってことなんで、寝坊した人の挨拶は午前中の上午好だぞ

次の時刻は数詞をそのまま付けるだけでOKなんですが、そのままじゃない言い方を実例で

中国語 時刻の単語

こうしてみると:が点、だから時は点なのか

いつ頃?

中国語 時点の単語

当时は名詞と副詞じゃちょっと意味ちがうんで要注意。声調を聞き分けれないとわからん。

時間量

いつじゃなくて、どのくらいの長さかという時間表現。

一時間は一点钟じゃなく一个小时というのをまず覚えとこう

中国語 時間量の単語

場所もやるつもりでしたが、時だけで結構な量になったんで次回に

ついでに中国語5~まずは人から 複雑すぎる?家族、親族。

今回から中国語独自の単語をやっていきます。

とは言っても共通のものが多いですけど

人称代詞

人称代名詞と言ってもいいんですが、代詞によっては名詞以外の用法もあるということで、代詞とします。

中国語 人称代名詞

家族

ここに書いたものだけでも結構な量ですが、広い中国は方言も多くて他の言い方も相当あると思われます。

家族の中国語 ペン字

妻子の子は軽声、三声にすると妻と子。

中国語 家族用語
中国語 孫 嫁姑

親族

おじさん、おばさん

この辺からはややこしくてここまで覚える必要ないと思うけど、並べてみると法則性があって文字の持つ意味がわかりやすいので書いときます。

 

義理の兄弟、姉妹

中国語 義理の兄弟姉妹

従兄弟、従姉妹

中国語 従兄弟 従姉妹
中国語 従兄弟 従姉妹

いとこは父方男兄弟以外はほとんど同じ。

「表」は外のって意味だそうで父系男系社会の本家筋か、それ以外かで分けられてる感じですね。

呼ぶ時は親戚の同世代は兄弟姉妹と同じなんで、名称まで覚えなくていいと思う。

一般人

むしろ、こっちが大事。

老だらけでこれはこれでややこしい。

職業、身分

職業名は呼びかける時にも使われるものも。

とりあえず、例文でよく見る単語を。

今回はここまで

 

ついでに中国語4 ~こんなに一緒?わんさか日中共通単語

中国語の勉強を始めて思うのは、こんなに同じ言葉が多いの?って事。

日清戦争後、中国からの留学生によって逆輸入された日本語も多いようで、こんなものまで共通?って驚く。

生活に密着した言葉は従来からの中国独自のものが目立ちますが、社会や経済、政治など近代的な用語は共通のものが多いですね。

その一部を書いてみました。

まずは簡体字で表記されて、見た目は日本語とは別に見えるもの。

簡体字を読む練習にもなるので復習のつもりで読んでみてください。

日中共通単語 ボールペン字

左上から右へ  

親切、権利、任務、時間

歴史、電話、公園、認識

機会、開始、芸術、太陽

交際、季節、過去、発車

雑誌、運動、夫婦、関係

広告、掃除、産業、環境

経験、銀行、風景、様子

観光、優秀、進歩、練習

过去(過去)は行くという意味の動詞で見る機会の方が多いし、认识(認識)は知ってるという動詞で使われる事の方が多いでしょう。

中国語で動詞や形容詞として使われている言葉も日本語では熟語になると名詞化してしまう上、電話機も電話で通っちゃうなど日本語はあいまい。

さらに漢字しかない中国語は一文字が表す意味が幅広く、単語も複数の意味を持つものが多い。

だから共通とは言ったものの実際はニュアンスの違いが存在して、翻訳アプリでも別の言葉が表示されたりする。

意味まできっちり一致しているわけじゃないってことを理解しておいてください。

日中共通単語 ボールペン字

奪取、消滅、訂正、態度

長寿、豊富、評価、農業

沈黙、階級、後悔、鉛筆

決戦、絶望、保護、傑出

軍隊、審査、範囲、啓発

賄賂、誤解、影響、憲法

推薦、地獄、週末、観衆

陳列、連続、基礎、服従

日中共通単語 ボールペン字

習慣、譲歩、討論、偉大

欠点、報道、準備、故郷

結婚、離婚、競争、危険

楽器、加熱、皮膚、倉庫

治療、衛生、録音、適用

収穫、直線、技術、復興

種類、伝記、補給、職業

厳格、停車、攻撃、選択

習慣は慣れるという動詞で見ることが多いと思う。

日中共通単語 ボールペン字

神経、神聖、無恥、確実

積極、翻訳、災害、会議

願望、常識、謙遜、操縦

懸念、創造、窓口、弁護

鑑賞、風刺、感謝、犠牲

歓迎、動物園、殺虫剤

講座、図書館、乗務員

転換、化粧品、理髪店

追記

金偏や食偏の書き方で二画めを右下がりの山かんむり型に書いたのですが、二画めは横画のようです。

参考にした中国人の先生の書き癖かと思ってたのですが、活字のフォントでも横画になってるので、そっちが正しいと思います。

続いて日本語と同じ字形の単語

ここは行書で

厳密に言うと「望」は上で見たように「月」の縦画が中国語は曲がってない。日本語のフォントは曲線に。書き文字でも曲げて書いてるよね (時々テレビのテロップ字で中国語型になってるフォントを見かけるけど) 行書だと中国語でも曲げて書いてるようなので、これは一緒にしておきます。

日中共通単語 ボールペン字 行書

家庭は中国語だと家族のニュアンス。

家族を指す言葉はいろいろあって、家庭は基本的に親と子で、一緒に住む親族等は含まないという記述を見た事があるけど確かなことはわからない。

日中共通単語 ボールペン字 行書

これらはほんの一部 俄然中国語が身近になったでしょう?

これを機会についでに始めてみませんか?

日中共通単語 ボールペン字

ついでに中国語3 ~読めるけど書き間違う? 日中字ビミョ〜な違い

見た目は殆ど同じで問題なく読めるけど、書く時は注意が必要な字を集めてみました。

日本の字に対応する中国の字は、旧字体や書写体として日本でも使われている字が多いんで何か逆にややこしい。

突き抜ける

日中漢字比較表

日本の常用字では縦横交差する点で止まっている線が、止まらず突き抜けている字のグループ。

旧字や書写体で見るものが多い。縦線は突き抜けるのが本来の形だったんでしょうね。

突き抜けない

日中漢字比較表

逆に突き抜けない字。

横線の場合が多い。「汚」「画」は分離型に入れた方が分かり易いかも

「画」は日本型の突き抜けた字も中国人のSNSなどネットではよく見かける。

点がつく

日中漢字比較表

「圧」は省略型だけど、点が付いた形は日本では旧字体。

だから常用字じゃない「嗅」には点がついてる。

繋がる

日中漢字比較表

上下がくっついた字は突き抜ける、横の二画が繋がった字は次の続けるでもよかった。

続ける

日中漢字比較表

行書風に二つの線を続け字にした形。

「以」は中国は四画で、日本は五画。「比」のように日本の印刷字で二画の左偏を三画のように表現されるケースがあるけど、これは確かに五画。

「兎」は日本の字でも続けて書かれてる。違いは上部の形なので、このグループではないんだけど「免」のついでに。

分離する

日中漢字比較表

「母」は点を繋げないで、しっかり点々で書くって事だね。

「査」は今までと逆パターンで、間違い易い。

一画少ない or 多い

日中漢字比較表

後ろの二つが一画多い。

「歩」は続けるでも「宮」は分離でもよかったけど

勘違いして欲しくないのは、さんずいが、全部にすいになるってことでは無いですから

さんずいの字と比べたら、にすいの字はほんの少し。

「冷」「治」などはそれぞれ三ずい二すいの字が別字であります。

横線が点に

日中漢字比較表

これらは部首で使われる時も同パターンなので、他にもたくさんあります。

横線が左払いに

日中漢字比較表

大半「反」が使われてる字ですね「阪」などもそう

「所」の「戸」は点じゃなくて左払いなんだね。

旧字体型

日中漢字比較表

これらはそのまんま日本の旧字体。「修」は書写体。

旧字体の勉強も検定試験以外に役に立つことあったね。

その他 丸覚え型

日中漢字比較表

最後は、いつものように残り物を丸覚え。

「骨」の小さい四角が右か左かの違いは「過」などにも当てはまる。

「巻」については、常用字じゃない「倦」などには中国型の旧字的書き方が残ってる。常用字は「圏」のように「己」の形。

今回から拼音も追加。

日本の音読みの発音にちょっと近いことや、旁が同じだと発音も同じものが多いことがわかると思う。

これらを頭に入れて次からは単語。