和歌.短歌 散らし書き~まずは真っ直ぐ。

和歌を4行で

ペン字検定課題の過去問から2点

例によって蓑輪東壽先生手本

「夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいずこに月宿るらむ」
(古今和歌集 清原深養父)ペン字 古今和歌集

「山里はふゆぞさびしさまさりける人めもくさもかれぬとおもへば」
(古今和歌集 源 宗于)

ペン字 古今和歌集

蓑輪先生の作品は仮名書をペン字で書いた感じですよね。

「山里」「ふゆぞ」なんか象徴的ですけど、文字の重心を左右に振って
線をグルーブさせてゆきます。

古典の和歌で草仮名を使わないと出せないラインです。

続いて 実用字に近い 山下静雨先生手本 良寛の歌

ペン字 良寛の短歌

1、2行目の間隔が少し狭くなりました。

まさに直球の書き方、整った文字の美しさを表現するにはいいですが
歌の情感が出ません。良寛の歌ですからねえ。

漢字が多くないと、この書き方はつらいかも。

和歌を5行で 

金久保雲渓先生手本

「秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」
(古今集 藤原敏行朝臣)

ペン字 古今集 藤原朝臣

短歌を6行で

同じく金久保雲渓先生手本

「瓶にさす藤の花ぶさみじかければ たたみの上にとどかざりけり」(正岡子規)

ペン字 正岡子規短歌

この2点はやっぱり男性の字です。

古典で草仮名も使いまくってるんですが、仮名書とは趣が違います。

ペン字がホームの人の表現だなと感じますね。

五段の短歌課題は北原白秋だから、最後の正岡子規が一番近いんですけども
検定手本は蓑輪先生ですからね。蓑輪先生の短歌手本がありゃ一番いいんだけど
全部 古典の和歌なんだもんなあ。

そこまで考えて出してんのかなあ。

次回はもう少し分割したレイアウトの作品を書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA